PAPAの独り言

PAPA(3児の父)が、いろいろ書きたいこと書きます。

『科学の方法(中谷宇吉郎)』を読んで

科学の方法 (岩波新書 青版 313)

岩波新書の『科学の方法(中谷宇吉郎)』を読みました。全てを読んだのではなく、何となく気になる箇所をざっと通し読みした感じです。この本は、60年前に書かれた古い本ですが、非常に明晰な思考に基づいた科学に対する意見に、凄く共感を覚えました。

 

特に第二章の「科学の本質」に関する文章は、「科学」というものに対して漠然としたイメージしか持っていなかった僕にとって、物凄く役に立ちました。「科学は絶対的真理ではない」という言葉はよく語られますが、それは逆に言うと「科学は絶対的真理である」という間違った先入観や思い込みを、科学にうとい人間達が持っているということだと思います。本当に科学を学んでいる人たちは、おそらく「科学は絶対的真理である」などとは、考えてもいないかもしれません。そもそも、科学は「新たな発見」の連続の歴史なのですから、常に「現在進行形」であり、未完成のものです。「絶対的真理ではないが、少しでも真理に近づけるように努力し続ける」という壮大な継続の産物が科学なのだと思います。

話が脱線したので、著書に戻しますが、第二章では科学が絶対的な真理ではなく、「人間の都合に良いように活用されている」という話が出てきます。例えば、「ラジオの電波」というものを説明するときに、「空間のゆがみが波となって、広がっていく」と捉えると非常に分かりやすく、計算もしやすいので、そういう風に捉えています。ですが、「発電所から家庭に届く電気」について、「空間のゆがみが、波のように伝わっていく」という説明では分かり難く、計算も難しくなってしまうそうです。「電気は波の性質を持つ」という電波的な説明よりも、単純に「電気が電線の中を通って流れていく」と考えた方がはるかに分かりやすく、計算もしやすくなる、と中谷さんは言います。

つまり、「科学的な説明」というのは、ある現象を「人間にとって分かりやすく」説明できる方が良いのであって、別にその説明の仕方はどれをとっても良い、ということです。実際に起こっている現象をより分かりやすく正確に説明できていれば良いのであって、「どちらの説明が真実か?」という不毛な議論は必要ない、ということになります。

「電気」も「電波」も目には見えません。実際に「電気」が存在することを、人間は五感を使って知覚することは出来ません。静電気で「バチっ」となる現象はありますが、バチっとなった理由が「電気が流れたから」ということ自体を五感を頼りに知ることは出来ないのです。ですが、「電気が流れた」ということにしてしまった方が、現象を分かりやすく理解することができる、というだけのことです。

ニュートンが発見したといわれる「万有引力」も同じです。「万有引力は真理であるか?」というのは不毛な議論です。実際に「万有引力がある、と考えると多くのことが説明できる(つまり、役に立つ)」ということが大切なんです。どんな説であれ、多少の誤差や間違いがあったとしても、実際にそれが人間の幸福や技術の進歩に役立つのであれば、それで良いのです。

「物理学」や「科学」は、人間と別個に存在するのではなく、常に人間や人間社会との関わり合いの中で発展していきます。「真理」は「永遠に到達できない理想の目標」のようなものととらえて、「科学」はそこにたどり着こうとする「永遠の継続的な営み」として捉えたら良いような気がします。

僕が最も印象に残ったのは、第二章なのですが、第一章も非常にオススメなので、ぜひ読んでみてください。科学の限界と本質を知ることで、間違った「科学的知識」に簡単に騙されたり洗脳されにくくなると思います。昨今、教育の現場などで「自分で考える力を育てる」と盛んに言われています。 時代を越えて読み継がれている『科学の方法(中谷宇吉郎)』を読めば、大人自身が「自分の頭で考える」きっかけになると思います。

科学の方法 (岩波新書 青版 313)

科学の方法 (岩波新書 青版 313)

 

 

スマホシェアランキング(世界・日本国内)ースマートフォン出荷台数ランキングー

しぇあsmartphone

日経業界地図の2018年版を読んでいるのですが、現在のスマホスマートフォン)のシェア(世界・日本国内)が載っていたので、出荷台数と合わせたランキングを作りました。

スマホシェア・出荷台数ランキング(世界)

1位 サムスン電子(韓国) 3億1141万台

2位 アップル(米国) 2億1540万台

3位 ファーウェイ(中国)

4位 オッポ(中国) 9979万台

5位 ビボ(中国) 7725万台

6位 LGエレクトロニクス(韓国) 5513万台

スマホシェア・出荷台数ランキング(日本国内)

1位 アップル(米国) 1587万台

2位 ソニー 1460万台

3位 シャープ 370万台

4位 京セラ 355万台

5位 富士通 320万台

感想・まとめ

まず世界的には韓国のサムスン電子と米国のアップルの2強が圧倒的に売り上げていて、その2社を中国企業が追い上げている形になっています。世界市場では、日本のスマホは全く売れていません。

日本国内に目を向けると、アップルとソニーの2強がトップを競っている状況で、その2社に比べると、3位以下の企業の売上げはかなり低くなっています。

また「ポスト・スマホスマホの次に売れる情報端末)」に注目が集まっていて、スマートスピーカーのように音声で操作する機器など、スマホとは違う新しいテクノロジーが期待されています。

日経業界地図2018年版

スマホだけでなく、あらゆる業界の「今」がよく分かって面白いです!

日経業界地図 2018年版

日経業界地図 2018年版

 

 

タブレットのシェアランキング(世界・日本国内)ータブレットの販売台数ランキングー

 

iPad

 

日経業界地図の2018年版を読んでいるのですが、タブレットのシェア(世界・日本国内)が載っていたので、ランキングを作りました。タブレットの出荷台数も合わせて紹介します。

タブレットのシェア・出荷台数ランキング(世界)

1位 アップル(米国) 24.3% 4248万台

2位 サムスン電子(韓国) 15.2% 2657万台

3位 アマゾン・ドットコム(米国) 6.9% 1206万台

4位 レノボ・グループ(中国) 6.3% 1101万台

5位 ファーウェイ(中国) 5.6% 979万台

6位 エイスース(台湾) 2.2% 384万台

7位 RCA(米国) 2.2% 384万台

8位 マイクロソフト(米国) 2.1% 367万台

9位 TCL(中国) 1.7% 297万台

10位 エイサー(台湾) 1.7% 297万台

タブレットのシェアランキング(日本国内)

1位 アップル(米国) 39.9% 335万台

2位 ファーウェイ(中国) 19.9% 167万台

3位 エイスース(台湾) 7.9% 66万台

4位 NECレノボ・ジャパングループ 6.9% 58万台

5位 富士通 6.0% 50万台

6位 LGエレクトロニクス(韓国) 5.7% 47万台

5位 富士通 320万台

感想・まとめ

まず世界的にはスマホと同じく、韓国のサムスン電子と米国のアップルの2強が圧倒的に売り上げていて、その2社を他の企業が追い上げている形になっています。そして、これまたスマホと同じですが、世界市場では、日本のタブレットは全く売れていません。個人的には世界シェアの3位にアマゾン・ドットコムがランクインしているのに、驚きました。「Amazon Fire」というタブレットが販売されているのは知っていましたが、先入観があり「電子書籍を読む端末+ちょっとした機能」くらいのイメージで捉えていたからです。どんな業界でも、戦国時代的に競争原理が働いた方が良い製品が出てきそうなので、喜ばしいことだと思います。

日本国内に目を向けると、アップルが圧倒的のシェアを誇りトップになっています。日本人が使うタブレットの約4割がアップル(つまりipad)って、凄いですね!2位は中国のファーウェイで、その2社に比べると、3位以下の企業の売上げはかなり低くなっています。

NECレノボ・ジャパングループは名前の通り、中国のレノボグループと提携しているので、純粋な国産企業とはいえません。ですので、純国産のタブレットで売れているのは富士通ブランドだけになっています。

個人的には、エイスース(台湾)のタブレットが価格の割に良い製品を出しているのではないかな、という印象を持っています。というのも、我が家には数年前に買ったエイスースのノートパソコンがあり、現役で活躍しているし、最近だと「お絵かきタブレット液晶ペンタブレットのように画面に直接イラストが描ける)」を探していたときに、エイスースのタブレットが圧倒的にコストパフォーマンスが良かったからです。

いずれにしても、10万円以下(物によっては5万円以下)で購入できて、動画や音楽視聴・プログラミング、事務作業、メールのやり取り、アプリを使った無料電話通信、イラスト制作など、様々なことが「どこでも手軽にできる」タブレットに、今後も注目したいと思います。

オススメ人気タブレット

価格.COMAmazonでレビュー評価の高い人気のタブレットでオススメのものを掲載しておきます。

日経業界地図2018年版

スマホだけでなく、あらゆる業界の「今」がよく分かって面白いです!

日経業界地図 2018年版

日経業界地図 2018年版

 

スマホシェア・出荷台数ランキング

papa365.hateblo.jp