PAPAの独り言

PAPA(3児の父)が、いろいろ書きたいこと書きます。

英語学習初心者や小学生にオススメの英語発音書籍『親子で学ぼう♪ アリスのジュニア英語耳』

親子で学ぼう♪ アリスのジュニア英語耳 発音ができるとすべての英語力がUPする

英語学習初心者や小学生にもオススメの発音教材書籍『親子で学ぼう♪ アリスのジュニア英語耳』を紹介します。めちゃくちゃオススメです。

アリスのジュニア英語耳とは?

この『アリスのジュニア英語耳』ですが、『英語耳』という英語のベストセラー発音書籍シリーズの小学生版という位置づけになっています。『英語耳』は知る人ぞ知る発音本で、僕も発音の基礎訓練に使わせてもらった時期があります。日本人が苦手なRとLの違い、日本語には無い母音(aiueo)の音の聞き分けなど、英語を学習する最初の段階で絶対に知っておくべき重要情報が、盛りだくさんです!

発音って大体でいいんじゃない?

発音に関しては「そんなに気にしなくても、日本人訛りでいいんじゃない?」という人と、「いやきっちり勉強するべき」という人と、「完璧と滅茶苦茶の間を目指そう」という中間の人など、人によって意見は本当に様々です。僕の立場としては、「なるべくネイティブに近い発音を目指しつつ、無理して時間をかけ過ぎない」という感じです。

どちらにしても、「そんなに気にしなくてもいいんじゃない?」というのは、ちょっと賛同できません。なぜかというと、発音は滅茶苦茶だと、やっぱり聞き取りにくく分かりにくいからです。例えば、英語学習に関するベストセラーを書かれている外国人の大学教授に、日本語に関する知識は豊富なのに、発音が下手すぎて「ちょっと何を言っているか分かりにくい。。」という残念な方がいらっしゃいました。その方の日本語は聞き取りづらく、あまり心地よいものではありません。コミュニケーションを取る上で、相手に好印象を与える、というのは重要な要素だと思っているので、やはり最低限の発音の基礎は学ぶべきだと思います。

発音が分かると聞き取りやすくなる

また、発音が分かるようになることで、聞き取りやすくなる、というメリットがあり、一石二鳥の効果があります。自分で発音できる言葉は聞き取れる、ということです。多少聞き取れなくても、全体の文脈で大体理解できると思いますが、それでも、最低限の発音の基礎が分かるにこしたことはありません。

フォニックス(音と文字の関係)も分かる

今流行りのフォニックスも分かるようになるので、音と文字の関係に小学生の頃から親しむことが出来ます。フォニックスは応用言語学に詳しい専門家の方も、「英語学習初期に学ぶとよい」と薦めています。

まとめ~発音、最初に、ちょこっとでも、やっておこう~

どんな学習法にしろ、言語というのは「音」から学ぶものです。ですので、英語を学ぶのであれば、英語に関する音声を学習初期に、短時間でも良いので、訓練するべきだと思います。そうすることで、その後の学習時に、何度もたくさんの音に出逢い、発音や聞き取りの感覚が磨かれていくことだと思います。そのために効率よく勉強する手段として、松澤さんの『親子で学ぼう♪アリスのジュニア英語耳』をオススメします。大人であれば、『英語耳』シリーズでも良いかもしれません。

 

Sounds great.の意味は?

Great Wheel, Great Light

Sounds greatの意味は、「それいいね」というような感じで、相手の提案などに対して、「それいいね」と共感・同意する時などに使われます。

NHK基礎英語1では、博士が嘘発見器を見せてきて「試してみる?」と聞かれた時に、

Sure, sounds great.(もちろん、よさそうだね。面白そう)という風に使われています。日常会話の様々なときに便利に使えそうですね。

 

primitiveの意味は?

Skara Brae

今回は基礎英語1に出てきた英語表現primitiveの意味について調べました。

primitiveの意味は「原始的な」という意味です。

例えば、基礎英語1のスキットでも出てきた下記のフレーズ

I love primitive times.(私は原始時代が大好きです)

などのように使います。

また、英英辞典で調べると、、

「relating to a time long ago when people lived in a simple way without machines(機械などを使わずにシンプルに暮らしていた人々が生きていた昔の時代に関連した)」となっています。

これは正に「原始的」という日本語訳のイメージとピッタリ重なりますね。たまに、日本語訳のニュアンスと英英辞典の定義文が異なることもあるので、英英辞典の定義も調べておきたいと思います。

それでは、今後もコツコツ「毎日ちょっとずつ」を継続しようと思います!