PAPAの独り言

PAPA(3児の父)が、いろいろ書きたいこと書きます。

国立大学の学部生徒数と比率が多い分野ランキング

university

国立大学の学部生徒数と比率が高い分野のランキングを調べました。これを調べることで、国が「どの分野の人材を必要としているか」が分かります。

国立大学の学部生比率ランキング(ジャンル)

  1. 商船 100%
  2. 農学 39.4%
  3. 理学 38.8%
  4. 教育 33.2%
  5. 工学 33.1%
  6. 保健 18.0%
  7. 人文科学 8.2%
  8. 社会科学 8.0%
  9. 芸術 4.6%
  10. 家政 1.9%

国立大学の学部生徒数ランキング(ジャンル)

  1. 工学  12万7164人
  2. 社会科学 6万6669人
  3. 教育   6万3464人
  4. 保健   5万8515人
  5. 人文科学 3万1251人
  6. 理学   3万636人
  7. 農学   3万215人
  8. 芸術   3234人
  9. 家政   1354人
  10. 商船   398人

まとめ・考察のようなもの

圧倒的に国立大学の比率が高いのは商船でなんと100%ですが、学部生徒数は最下位の398人となっています。つまり、完全に国の後押しで成り立っている分野ということです。民間で商船学校をやらない、ということは、生徒数が集まらず施設面でもお金がかかる「儲からない学部」ということなのかもしれませんね。

そして、圧倒的に国立大学の学部生徒数が多いのは、工学系の学部で、12万人をこえています。しかも、国立大学の比率でも33%を超えているので、これは国からも民間からも「最も必要な人材」として見られていることの証拠でしょう。日本は「ものづくりの国」として経済発展を遂げてきた歴史があるので、当然といえば当然の結果ですね。中国など製造業で躍進してきた他国がありますが、それでも日本のものづくりの技術や知恵というのは、まだまだ発展の余地があると思いますので、これからも有望なジャンルといえると思います。

工学部の次に人数が多いのは社会科学系学部ですが、社会科学系は国立大学の比率が低い(つまり、私立大学が多い)ので、日本の国家としては重要視されている分野ではないということでしょう。

国立大学の学部生徒数の人数が3位になっているのは、教育系学部です。そして、比率も33%以上なので、工学部の次に国が「必要としている人材」だと言えるでしょう。よく国家100年の計とか言われますが、正に教育というのは50年、100年をかけて長期間にわたって国家を発展させる、最も基本的な土台になる分野です。教育にお金をかけるのは当然のことだと思います。

先日ブログでも紹介しましたが、アメリカでは、国が教育の予算を削りまくっていて、その結果、生徒にとっても先生にとっても、劣悪な教育環境になっている学校がたくさん増えているそうです。何をするにも「お金」は必要不可欠です。それは、教育も同じこと。日本も北欧やヨーロッパなどに比べると、教育を重視しているとは言いがたいですが、それでも世界レベルで見ると、はるかに良い教育環境にあると言えます。今の状態に満足せず、教育への予算を増やし、より良い教育を子供たちに与えてほしいですね。

また、国レベルでも民間レベルでも最も必要とされていない分野は、芸術系学部と家政系学部です。家政というのは、家庭科のように家事や衣食住に関わる分野のことです。当たり前のことですが、教育・医療・モノづくりなどを差し置いて、芸術や家政の分野の人材を増やそうとする国は有り得ません。もちろん、だからといって、個人レベルの感想で「芸術こそが大切」「家政が最も大切」考えるのは自由ですし、実際に両方とも世の中に必要不可欠な重要な分野であることは、間違いありません。漫画や映画など多くの人に喜びを与えているものも、広い意味ではアート(芸術)の分野です。ただし、ものには優先順位がある、ということです。

小中高生が好きな教科・嫌いな教科

Mathmatics and arithmatic

例の如く、子供の教育について調べています。今回は小中高生の「好きな教科」「嫌いな教科」を調べてみました。元になったデータは様々ですが、大体どのデータも同じような結果でした。

データを見て、印象に残ったことなどを、箇条書きにしていきます。

高校生の好きな教科・嫌いな教科

  • 男女総合だと、情報が一番人気で一番嫌いな人が少ない!⇒パソコンは好きだが、アルゴリズムや数学は苦手!
  • 国語と芸術は女子は好きな子が多いが、男子は半分くらい
  • 国語は特に古文が嫌われているが、現代文もかなり苦手な子が多い
  • 英語も女子に対し、男子は嫌いな子が多い
  • 数学と理科は、男女共に不人気で、特に数学は嫌いな人がナンバーワン!
  • 男女共に総合的に不人気なのはダントツで公民

中学生の好きな教科・嫌いな教科

  • 数学は二極化!(好きな子も凄く多いが、嫌いな子も凄く多い
  • 英語も中学から苦手になる子が多い
  • 国語は割と嫌われている、もしくは好きではない子が多い

小学生の好きな教科・嫌いな教科

  • 中学と同じく、算数は二極化!(4年生くらいでつまづいていくと思われる)
  • 男子は国語を好きな子が凄く少なく、嫌いな子が凄く多い

まとめ~英数国をしっかり学ぶ~

小学生・中学生・高校生と、それぞれの「好きな教科」「嫌いな教科」をざっと見ていくと、英語・数学・国語が苦手な生徒が多いということが分かりました。

僕の推測ですが、数学と英語は中学でレベルが上がり、つまづいて嫌いになっていく子が多いのだと思います。もしかすると国語も同じかもしれません。なぜかというと、中学校の教科書を開いて読んでみると分かりますが、小学校とは文章のレベルが全く違うからです。

数学者であり教育研究者でもある新井紀子さんの本『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』にも書いてありますが、読解力の無い中高生が非常に多いそうです。ここでいう「読解力」は「教科書に書いてあることを、書いてあるとおりに理解する力」のことです。子供にも大人にも読解力は必要不可欠な能力です。

まずは国語力(日本語の読解力)を身につけることが先決だと思います。英語ですら、文法をまず日本語の解説で聞かなければさっぱり意味が分かりません。よく言われることですが、「母語第二言語が超えることはない」ということです。ですので、日本語のレベルを上げるのが第一になるはずです。

子供の「創造力」と「思考力」を育む方法を「0から」考えてみる

Red Dice 02

日々、我が子の未来のために「良い教育とは何か?」を考えています。
教育についてよく言われる意見に「創造力を育もう」と「思考力(自分の頭で考える力)を身に着けよう」といったものがあります。これには、僕も全面的に賛成ですが、改めて「創造力とは?」「思考力とは?」と自分で考えてみると、すぐに答えは出てきません。

ということで、自分なりに0からこの「創造力」と「思考力」について考えてみることにしました。そして、この二つの力をどう育めば良いかも0から考えてみます。この「0から」というのは、つまり、僕自身が「自分の頭で考える」ということであり、先入観(テレビ・雑誌・本などの他人からの知識)を、出来る限り外した状態で考えてみようと思います。

なぜ「0から」考えるのか?

まず、本題に入る前に、そもそもなぜ、僕がわざわざ「0から」と強調して言っているのか。それは、今はインターネット上に情報が溢れていますし、その情報をたくさんの人が入手し、SNSやブログなどで拡散し、物凄い膨大な「意見」が溢れています。そして、膨大な情報の洪水に流されて、ゆっくり落ち着いて「自分で考える」ということが、できにくい環境にあります。

また、僕を含めて多くの人間は、「肩書き」や「権威」といったものに弱く、著名人や成功者の言うことを、そうではない人の意見より重要視してしまいます。どんな肩書きを持っていても、どんな成功者であろうとも、その意見はしょせん「他人の意見」です。「0から考える」ためには、そういう意識を一旦リセットして、全て対等の意見として、横並びで考える必要があります。ノーベル賞学者も、世界一の富豪も、オリンピック金メダリストも、自分が尊敬する全ての人間の話も、自分の子供や妻の話も、テレビや新聞の話も、全て同じレベルの意見として考えます。

そうすることで、自分にとっての「本当の答え」にたどり着けると思うからです。

創造力とは?

まず、そもそも「創造力」とは何でしょうか?
よくこの「そもそも論」を考えるときに、「英語ではimaginationと言い、語源は~」うんぬんを書いている評論を見ますが、僕達は日本人なので、そもそも論を考えるときに、わざわざ遠回りして英語や語源までさかのぼる必要はありません。その「語源」こそがまさに、自分で0から考えておらず、「外から得た知識」に他ならないからです。

創造力とは、「新しいことを思い描いたり、作る力」のことだと思います。例えば、自分で物語を考えたり、絵を描いたり、工作で何かを作ったり。他にも、自分で新しいレシピを考えて料理を作ったり、作曲したり、詩を書いたり。他にも、自分だけのオリジナルの一発ギャグを考えたり、オリジナルのゲームを作ったり。

まだあります。「早く掃除をする方法」や「洗濯物を綺麗にたたむ方法」を考えることだって、オリジナリティがあることですし、サッカーや野球で相手に勝つためにあれこれ方法を考えることだって、創造力のたまものだと思います。そう考えると、大なり小なり程度は違いますが、ほとんど全ての人間が日々創造力を働かせて、生きていると言えるかもしれません。

子供にとって、なぜ創造力が必要なのか?

なぜ、この「創造力」が必要なのでしょうか?
子供は学び成長し、大人になると基本的には「仕事」をします。仕事とは、「人の役に立つこと、人の幸せに繋がることをして、お金を頂くこと」だと思います。誰かが困っていたら、その困りごとを解決するサービスや商品を作り、提供する。そういったサービスや商品を作り出すのに、この「創造力」が必要になります。

そして、この創造力が必要になるのは、サービスや商品を「作る人」だけではありません。世の中には「営業」という、サービスや消費を「宣伝する(知らせる)人」や「売る(提供する)人」もいます。その時だって、「どうすればこの素晴らしい商品を広めることが出来るか?」「どうやってこの商品をたくさんの人に買ってもらえるか?」を考える必要があります。その「考える力」も「創造力」です。

つまり、世の中のほとんどの仕事は、創造力が必要なんです。
創造力はクリエイティブと言われる仕事(デザイナーやアーティストなど)だけに必要なわけではないと思います。

どうすれば創造力が育まれるか?

では、これほど重要な創造力ですが、具体的にどういうことをすれば、創造力が育まれるのでしょうか?
これには、4つの段階があると思います。

  1. たくさんインプットする
  2. 真似をして型を身につける
  3. 複数の型を組み合わせたり、アレンジしてみる(少し変える)
  4. 試行錯誤して、他の型とは違う、自分の型を完成させる
たくさんインプットする

まず第一に、たくさんインプットすることです。例えば、新しい音楽を作りたいのであれば、既にある様々なジャンルの歌や曲をたくさん聴く。そうすることで、自分の中に音楽の型をたくさんインプットしていきます。

真似をして型を身につける

次に、インプットした型を、使える(アウトプットできる)ようにするため、実際に真似をしてみることです。作曲の例で言うと、いきなりオリジナルの曲を作ろうとするのではなく、既にある曲の中で「好きな曲」を選び、それを真似して演奏したり、歌詞を全部覚えてみます。

できるだけ多くの型を真似することで、「自分の好きな型」「自分の嫌いな型」が分かれてくると思います。そうする中で、「自分だけの型」の種が見つかっていくはずです。

何でもそうですが、最初は頭の中は0の状態です。何もインプットせずに、何も真似せずに、いきなりオリジナルのものは絶対に生まれません。

複数の型を組み合わせたり、アレンジしてみる

次に、複数の型を組み合わせたり、アレンジしてみることです。音楽で言うと、J-POPと演歌が好きなら、J-POPに演歌を取り入れたり、逆に演歌にJ-POPの要素を入れてみるとか。もしくは、自分が大好きな曲の一部を少し変えてみる。もしくは、大きく変えてみる。

様々な方法で、似ているけれど、他の曲とは違う曲ができてくるはずです。それは「自分だけの型」の種が芽を出し、成長してきているのと同じことです。

何度も試行錯誤し、自分だけの型を完成させる

あとは、何度も繰り返し試行錯誤して、自分だけの型を完成させるだけです。そして、いつの日か「これが自分の曲です」「これが私の料理です」と自信を持っていえるような、オリジナル作品(型)が誕生するはずです。

問いを見つけ、答を探す

問いを見つけ、答を探すことも凄く大切なことです。

例えば「どうすればもっと面白い話が作れるのか?」「どうすればもっと美味しい料理が作れるのか?」など、自分の目的に近づくための方法を自分で問いかけ、調べたり、探す努力をするのです。そうすることで、創造力が育まれると思います。まずは、問いかけが大事です。

親の仕事は自由に試行錯誤できる環境を与えること

前述したことは、子供自信がオリジナリティ(創造力)を身につけるために行うことです。では、親は何をすればいいのでしょうか?

それは、子供がたくさんインプットし、自由に試行錯誤できる環境を与えてあげることだと思います。具体的には、絵画であれば、絵を描くための机やスペース、いつでも絵を描けるように画材を取り出しやすい位置に置いておくこと。家で描く場所や画材が無いのであれば、絵画教室に通わせてあげる(もちろん、本人が教室に通いたいならですが)

料理でも、「手伝いたい!」と子供が言うのであれば、できるだけ一緒にやってみること。我が家には子供用の包丁がありますが、これも環境づくりの一環です。もちろん、親が無理やり「やらせる」ことではなく、子供の「やりたい」のタイミングに寄り添っていくだけです。ですが、「やりたい」と言われても、子供が使える包丁がなければ、野菜を切る体験はできません。

他にも、プログラミングであれば、プログラミング教室に行ってみたり、家で子供が使えるパソコンを用意して、スクラッチなど気軽にプログラミングできる環境を用意してあげる。

思考力とは?

ここでいう思考力とは、「答えが1つに決まっていることに関して、答えを見つけ出す力」のことです。いわゆる「論理的思考力」や「読解力」とかと、似ていると思いますが、「論理的思考力」や「読解力」という言葉は、世間でも割と曖昧に使われているような気がしますし、僕自身が意味を明確に把握していないので、ここでは使いません。

前述した「創造力」は、この「思考力」とは違い、「正解が決まっていないこと、又は、正解が1つではないことに関して、自分なりの答えを見つけ出す力」です。

子供にとって、なぜ思考力が必要か?

なぜ、この「思考力」が子供に必要なのでしょうか?

これは「当たり前のことを、当たり前に考え、当たり前に行動できるように」なるためです。例えば、地図の読み方です。どこか知らないところに行くときに、地図の読み方が全く分からなければ、グーグルマップで検索したところで、たどり着くことが出来ません。地図の読み方にオリジナリティは基本的に必要ありません。基本的にグーグルマップを調べたり、調べた結果をどう理解するかは、みんな同じになる(答えは1つ)はずです。

受験勉強は正に「答が1つに決まっている」ことの最たる例です。受験勉強のために「思考力」が必要ですし、逆に受験勉強を通じて「思考力」が身に付くとも思います。ですから、受験勉強は全てが必要だとは思いませんが、全てが無駄だとも思いません。どうせ、やらなければならないのであれば、本気で取り組む方が子供のためになると、僕は思っています。

他にも、商品の説明書を読む力なども、この意味での「思考力」にあたります。この場合は、読解力とほぼ同じ意味になります。

ですので、「思考力」は生活・学習・仕事など、生きる全てのことに必要不可欠な能力になりますので、子供にとって「必要不可欠」な力です。

どうすれば思考力が育まれるか?

では、創造力と同じか、それ以上に大切な思考力ですが、具体的にどういうことをすれば、思考力が育まれるのでしょうか?

これには2つの段階があると思います。

  1. 日本語力を身につける
  2. 正しい知識(事実)をインプットする
日本語力を身につける

まず、日本語力を身につける必要があります。漢字の読み書きや、基本的な日本語の文章の意味が理解できない状態で、何かを考えたり、答えにたどり着くことは不可能です。ですから、「国語」というよりは、国語の中の一部のジャンルである、「語彙(特に漢字の意味)」や「現代文の読解力」を訓練して身につける必要があります。

ただし、この「読解力」や「語彙力」の身につけ方は、千差万別だと思っています。その子供子供に合うやり方を、各自で試行錯誤しながら模索するしかありません。

我が家では、「国語の問題集」を、「間違ったところを親子で確認しながら」丁寧にひとつずつ勉強しています。問題集を読めば、分からない漢字や文章はちょこちょこ出てくるので、その度に意味を調べて確認していきます。何度か復習すれば、何となく意味は理解できるようになっていきます。

我が家での国語の勉強方法に興味のある方は、下記記事をご覧ください。

papa365.hateblo.jp

正しい知識(事実)をインプットする

「青信号と赤信号の意味」について、どれだけ頭をひねって「自分の頭で考え」ても、無意味です。それは、その事実を知識として「知っておく」必要があります。それ以外に、その答えにたどり着くすべはありません。

ですから、「答が1つに決まっている事柄や問題」に関しては、やはりたくさんインプットする必要があります。知識が多いにこしたことはありません

ただ、「どんな知識でもインプットすればよい」ということではないです。時間は有限です。むやみやたらと、情報をインプットすることだけに終始する人生は、もったいないです。効率よく、「自分にとって本当に必要なこと」に絞って集中的にインプットするべきです。

また、世の中には「意図的な嘘」や「間違い、勘違い」の偽情報もたくさんあります。そういった情報を鵜呑みにしないために、常に「この話は間違いかもしれない」という、適度な疑う心を持つことも大切です。

この「疑う心」を実践するのはとても簡単です。事実かどうか分からない時は、「反対の意見」を調べることです。そして、どちらが正しそうかを、自分で判断します。もちろん、完全に「答が1つ」に絞り込めない事もたくさんあります。また、反対の意見を調べる時間が無いときもあります。そういう場合は、あえて答えにこだわりすぎず、保留にしておくことです。

適度ないい加減さや、曖昧さは人間の特権です。AIやロボットにはありませんし、必要ともされていません。私達は人間なのですから、曖昧さを許容すればいいだけです。

それから、実際に自分が体験したことや、自分の目で見たことは、完全なる事実なので、それを一番大切にすることです。それ以上に正しい情報は存在しませんから。

まとめ

最後にまとめておきます。子供には幸せに生きていくために、創造力と思考力が不可欠です。そして、その2つの力を身につけるには、下記のようなことを実践することです。

  • 子供が自由に試行錯誤できる環境を与える
  • 日本語力(≒読解力+語彙力≒論理的思考力)を身につける
  • 役立ちそうな知識(事実)をインプットする

以上、非常に個人的な主観的な意見ですが、今後も、子供にとっての良い教育について考えて実践していこうと思います。